10億
感動すること・信じること・勇気を持つこと・考えること・続けること。
特別な出来事
2008年02月20日 (水) 01:05 | 編集
おっす。29歳のおいら。

今日仕事帰りに上司様がラーメンおごってくれるって。
誕生日まで遅くまで仕事させて悪いねーだって。

うん、気を使ってくれるなら

























さっさと帰らせろ

( # ^ ω ^ ) ピキピキ
























つーか車で行くんでしょ?ラーメン屋。
だったら最終的においらが車で帰ることになって。


えええええええええええええええええええええええ


運転面倒なんですけど。
電車で幸せに眠りたかったなー・・・

なんて思いながらも上司様へは逆らえない
サラリーマン家業なおいら。かわいそう。




----------------------------------------------------------------



「去年の今頃覚えてる?」
上司様がおいらに尋ねる。忘れるわけないっつーの。

「某社のリコール対応ありましたねー大変でした」
「あれでずいぶんノウハウ得られたね」
「おいらの誕生日犠牲にして毎日が日付またぎでしたから。忘れたいっす」

車中の会話は結局仕事で落ち着く。
友達じゃないからね。
定年したらおいら誰とお話するんだろう。寂しい。

会社の駐車場を出て20分くらいの通り沿い。
たまに利用するラーメン屋がもうすぐ。

「あそこでいいですか?」
どうせおごってもらうしどこでもいいや。そう思いながら聞いてみた。

「どうせなら行ったこと無いところにしようよ」
「はぁ。いいですけどどっかありました?」

「500メートルくらい行くと一軒ラーメン屋あるよ」


なにげに500メートルって距離あるんですけど・・・


もちろんココロの声は表に出さない。だってオトナだから。
それにしても上司様は道に詳しい。おいらが疎いのか。




----------------------------------------------------------------



























・・・























どう考えても地雷です。























外見からしてヤバイ。
小さな窓から覗く店内には客一人もいない。

「・・・やめません?」
おいらが尋ねると上司様は


「男は一度決めたことはやり遂げる」


あんたは掟ポルシェか。
意味わかんねーとか思いながら
上司様の後に着いて入店。すると。























ああああああああああああ

店内があああああどあらあ

臭いいいいいいいいいい!
























「あ、いらっしゃい」
おいおい。おっさん客席に座ってTV見てるなよ・・・


店内とにかく臭い。
豚骨の匂いとかそーゆーレベルじゃない。
本能が息する事を拒否しようとしてる。



----------------------------------------------------------------


もしかしたら美味しいかもしれないじゃん。
気を取り直して。って無理。もう帰りたい。

上司様が唐揚げライス豚骨ラーメンセットをオーダー。
おいらも同じものを。本当に店内臭い。椅子がベタ付く(´;ω;`)

ふと頭上のテレビ目にすると
TBSでリンカーン放送中。つまんね。

ラーメン作る姿はまともに見られない。
何を中に入れるか想像も出来ない。
知らないほうが幸せな事ってたくさんあるのです。




10分後。



きた。なにこれ。
切れ端のようなワカメに小口切りのネギ。
ぺらぺらなチャーシュー。
妙に色だけ黄色い麺。



ビジュアルだけでまずそうなんですけど。


唐揚げもなんだかどす黒い。
ライスだけまとも。見た目だけは。

とりあえず食べるか。

割り箸を手に取ると
おもむろに麺とチャーシューを摘み上げると
少々のためらいを覚えつつ口へと運ぶ。

ずるずる・・・こ、これは!?

























_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ
























も、もうちょっとだけへ、へらさなくっちゃ
ごちそうしてくれるじょうしさまにしつれいだよね
て、てーぶるのうえにあるしょうがをのせれば・・・

あ、あれしょうがのようきをひらくとどこかで
かいだことのあるにおいがする
























PCショップで

キモオタ相手に

エロゲー販売してた

あの記憶がよみがえる。

それは消臭剤を

大量に買い込んだ

夏の思い出と香り。

そうだね。これは汗だね。

























 ('Д`;) .。oO(・・・・)
  ノ( ノ)
  < <□   キョウハタンジョウビデスヨ

二口で撃沈。これまでの人生で初の出来事でした。



----------------------------------------------------------------



「酷かったね」
「そうっすね・・・手が店内臭いっす」

「今度違うラーメンでリベンジしよう」
家ラーメンって知ってます?」

「なにそれ」
「しばらく外でラーメンは遠慮します。お疲れ様でした。」

上司様を自宅へ送ると真っ直ぐに自宅へとカエラました。



----------------------------------------------------------------



自宅へ戻ると部屋の前に小さなケーキが。
あ、モンブランじゃん。


親って本当に子供はいくつになっても可愛いのか。


不覚にも泣いた(´;ω;`)
























「何泣いてるんだよw」























     _, ,_  パーン

俺→( ‘д‘)

     ⊂彡☆))Д´)←奴
























プレゼントありがとうございました。
貴方の誕生日にはおいらを貰ってください。



~おまけ話~

貰われるのは嫌だな。貰うのはもっと嫌だけど。

コメント
この記事へのコメント
>ねこぽんさん
おごるから一緒に行こう(゚∀゚)この店へw
きっと思い出に(ry

>ruruさん
はじめまして!
是非ご一緒に(ry

>恒星
一晩リピートした。素晴らしいな。

>あにき
だってまずいもん。
一緒に行きま(ry
2008/02/22(金) 00:29 | URL | はいしー #-[編集]
マズそう
2008/02/21(木) 00:08 | URL | pon_kichi #mQop/nM.[編集]
2008/02/20(水) 12:09 | URL | 恒星 #-[編集]
はじめまして
う、、、、私ラーメン大好物なんです(T▽T)アハハ!

思わず書き込みしたくなるほど、手に汗握るラーメン記事ですた_| ̄|●
2008/02/20(水) 11:15 | URL | ruru #-[編集]
うわぁぁぁぁ。。。
しばらくラーメントラウマになりそうですね~^^;
2008/02/20(水) 10:12 | URL | ねこぽん #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.